あなたに寄り添い、考えます

影山法律事務所の3つのポリシー

親身にじっくりとお話を伺います。
親身にじっくりとお話を伺います。
弁護士への相談は、ご相談に来られる方にとっては一生に一度あるかないかの重大事。緊張して要領よく説明できない方も少なくありません。でも、ご安心ください。出来る限り相談者のお気持ちに寄り添い、じっくりとお話を伺うよう心掛けております。
充分にご納得いただいた うえで受任いたします。
充分にご納得いただいた うえで受任いたします。
ご相談では弁護士にご依頼いただいた場合の費用についてはもちろん、弁護士に出来ること・出来ないことを充分にご説明させていただきます。ご不明な点があれば遠慮無くご質問のうえ、納得された場合にのみ、ご依頼ください。決して安易な見通しを述べるなどして強引に依頼を勧めることはいたしません。
徹底して調べ、考えます。
徹底して調べ、考えます。
ご依頼いただいた事件で問題となる争点については、判例・学説の調査を尽くし、最も有利となる法律構成を検討いたします。依頼者から聞いた話をそのまま書面に書くだけ・・・そんな弁護士なら法律専門家を名乗る資格は無いと考えます。「誰に頼んでも弁護士がすることは同じ」ではありません。
2017/09/09弁護士雑記帳
ノックは2回か、3回か
2017/03/28個人の法律問題
同時廃止のリスク
2017/03/21弁護士雑記帳
小説『罪の声』
2016/05/03弁護士雑記帳
裁判官が交替するリスク
2016/02/29弁護士雑記帳
準消費貸借による債権の消滅時効期間
2016/02/24法人・事業者の法律問題
信用保証は一方的に解約できる?
2015/09/12法人・事業者の法律問題
「粗利は『売上』引く『仕入れ』や!」
2015/07/26法人・事業者の法律問題
これが建物賃貸借予約契約だ
2014/12/05法人・事業者の法律問題
シンポジウム「パブリシティ権の現状と課題」
2014/08/23法人・事業者の法律問題
「予約」とは何か
2017/09/09弁護士雑記帳
ノックは2回か、3回か
2017/03/21弁護士雑記帳
小説『罪の声』
2016/05/03弁護士雑記帳
裁判官が交替するリスク
2016/02/29弁護士雑記帳
準消費貸借による債権の消滅時効期間
2016/02/03弁護士雑記帳
「まだ最高裁がある」か