ご相談の流れ

ご相談は、お電話又は申込フォームによりご予約のうえ、ご来所をお願いいたします。
相談料は30分ごと5000円(消費税別)を申し受けます()。

ただし、ただ今のところ、①このサイトの相談申込みフォームから申し込まれた場合、②債務整理(破産・個人再生・任意整理)のご相談、③解雇、内定取消し又は残業代請求に関する労働者側のご相談、につきましては、初回45分まで無料としております。

STEP01 お電話、または申込フォームからご予約

お電話でご予約

事務員に相談ご希望の旨お申し出のうえ、お名前、連絡先、ご希望の日時、どういった種類の相談かをお伝えください。弁護士が在籍すれば、その場で、不在の場合は後ほどお電話で日時の調整をさせていただきます。

申込フォームからご予約

申込みフォームに必要事項を記入し、送信してください。弁護士からメール又はお電話で日時調整の連絡をさせていただきます。

相談申込フォーム

可能であれば、相談内容に関するメモ(事実経過を時系列でまとめたものなど)をFAX等で送付ください。前日までに送付いただければ弁護士が事前に目を通しておきますので、ご相談がスムーズに進みます。

STEP02 ご来所

外観イメージ

ビル1階のインターフォンは無視して、直接7階の事務所までお越しください。事務所入り口のインターフォンを鳴らし、お待ちください。事務員が会議室にご案内いたします。
ご相談には、なるべく御本人が(又は御本人同行で)お越しください。
事務員がお渡しした「相談票」に必要事項をご記入のうえ、お待ちください。

STEP03 ご相談→終了

お持ちいただいた資料を弁護士に示して相談内容の事案についてご説明のうえ、結局、何を尋ねたいのかをお伝えください。
また、弁護士に事件として依頼することも検討されている場合には、費用がいくらになるかもお尋ねください。その際、弁護士の説明に疑問があれば納得が行くまでご確認ください。
なお、相談時にお持ちいただいた資料のうち重要なものについてコピーを取ることをお願いする場合があります。これは、後日、2回目のご相談があった場合に事前に資料を再確認し、記憶喚起して適切な相談ができるように準備することを目的として、お願いするものです。何らかのご事情で差し支えがある場合には、コピーをお断りになられましても全く問題ありません。

外観イメージ

ご相談だけで、ご依頼にならなくても、もちろん結構です。相談料が発生した場合には、当日、弁護士にお支払いください。領収書をお渡しします。

STEP04 ご依頼

ご依頼イメージ

弁護士が説明した事件処理方針及び弁護士費用について充分納得された場合には、依頼を希望する旨お申し出ください。ご依頼をお受けする場合は、委任契約書を作成いたします。また、委任状にご署名・ご捺印いただきます。弁護士費用について現金を用意されていれば弁護士にお支払いください。領収書(着手金・手数料等)及び預り証(実費預り金)をお渡しします。用意されていない場合は、口座をご案内いたしますので、後日、お振り込みください。

ご相談お申込みの方は
相談申込フォーム
ご相談お申込みの方は
お問い合わせフォーム