相談の際には何を持って行けばよいですか?

事件に関係する書類をできる限り全部お持ちください。弁護士は占い師ではありません。質問を伺っただけで答えられるような相談は滅多にありません。具体的な事実の詳細を確認して初めて法律をあてはめた結果について見解をお話しできるようになります。できる限り資料をお持ち下さい。
また、事実経過を時系列で要約したメモをご準備いただければ相談時間の節約になります。可能であれば、メモを事前に(前日までに)FAX等でお送りいただければ目を通しておきますので、さらにスムーズに相談を受けることができます。