弁護士紹介

弁護士 影山 博英

ごあいさつ

弁護士 影山 博英

紹介

氏名 影山 博英
略歴 1966年10月 大阪に生まれる
1985年 3月 大阪府立北野高等学校卒業
1990年 3月 京都大学文学部史学科卒業
1991年 4月 蝶理株式会社入社
1994年 4月 蝶理株式会社退社
1997年10月 司法試験(2次試験)合格
2000年 3月 司法修習修了(第52期)
2000年 4月 大阪弁護士会に弁護士登録
2009年 9月 現在の事務所を開設
著書 『最新オンラインショップの法律Q&A』 2006年株式会社清文社刊
『Q&Aパートタイム労働者の雇用と実務』 2008年株式会社ぎょうせい刊
(いずれも共著)
所属団体 大阪弁護士会
民主法律協会
日本マンション学会

主な関与事件

大阪地裁平成24年11月8日判決・最高裁ホームページ掲載
退職後の労働者に対して、就業規則に定めた退職後の競業避止義務に違反したとして退職金の返還を求めるとともに、営業秘密である顧客情報を利用して営業活動を行うことが不正競争防止法所定の不正競争に該当するとして営業活動の差止め及び損害賠償を求めた請求が退けられた事例(当職は労働者側代理人)
大阪地裁平成21年7月24日判決・判例タイムズ1328号120頁
マンションの区分所有権が転々譲渡された場合に、管理組合が中間の特定承継人に対して滞納管理費等を請求することが認められた事例
元の区分所有者との関係で時効中断事由が生じた後に区分所有権を取得した特定承継人に対して時効中断の効力が及ぶとされた事例(当職は管理組合側代理人)
大阪地裁平成20年4月16日判決・判例タイムズ1267号289頁
マンションの前区分所有者が滞納した水道料金について、管理組合が新所有者に対して請求することが認められた事例(当職は管理組合側代理人)
大阪地裁平成17年10月27日決定・労働判例908号57頁
大阪高裁平成18年10月5日決定・労働判例927号23頁
就職時に署名・押印させた誓約書を根拠として、退職者が再就職することの制限を求めた仮処分申立が退けられた事例(当職は労働者側代理人)