映画『新聞記者』

映画『新聞記者』を観ました。
「サスペンス」という触れ込みに偽りはなく、緊張感を持った場面の連続で、ストーリーの展開に引き込まれました。

 

映画の終盤、シム・ウンギョンさん演じる主人公の記者が書いた記事(政権の陰謀を暴くもの)が一面に載った新聞が発行されることになります。このまま行けばカタルシスは得られてもファンタジーだな、と思っていたらさすがにそこは・・・。ラストの松坂桃李さん(官僚役)の表情が絶妙でした。

 

このような映画が作られ、松坂さんのような第一線の人気俳優が出演し、全国ロードショーされるところに、この国の現在は未だ暗黒社会ではない、と一縷の希望を見出す気持ちになったのは私だけではないでしょう。いろいろ批判はあるかも知れませんが、この映画の制作・公開に携わった全ての人に拍手を送りたいと思います。